不眠症


※誠に申し訳ございませんが、「不眠症」に関する詳細は、睡眠障害と不眠症対策 「安眠快眠ネット」へお進み下さい。こちらの方が、「不眠症」に関するさまざまな情報を多数掲載しておりますので便利です。

  睡眠をよりよく不眠症にさよなら「安眠快眠ネット」 ←「安眠快眠ネット」へどうぞ。





不眠症の症状



厚生労働省の調査によると、日本人の5人に1人が不眠に悩んでいるという結果があります。これは、ストレス社会と呼ばれる我が国の現状を反映しているデータと言えると思います。
さて、一口に不眠症といいましても、その症状はさまざまです。そこで、ここでは、不眠症の症状についてご説明いたします。


不眠症の症状は、以下の4つに分類されます。


1.入眠障害
布団やベッドに入っても寝つきが悪くて、なかなか眠れないもので、もっとも患者さんの訴えの多いものです。
一般的に眠るまでに30分以上を要して、それを本人が苦痛と感じていれば疑いありとされています。不安や悩み事、精神的ストレスなどで起こりやすくなると考えられています。


2.中途覚醒
夜中に何度も目が覚めてしまうもので、目が覚めてから再び寝つけないこともあります。
高齢の方に多いですが、慢性的に運動不足である若い世代にも見られます。


3.熟眠障害
十分な睡眠時間をとっていても熟睡できた感覚がなく、心身の疲労も回復できないものです。「睡眠時無呼吸症候群」や「むずむず脚症候群」などの病気が原因である場合もあります。


4.早朝覚醒
朝早い時刻に目が覚めてしまうなど、望ましい起床時刻よりもずっと早く目覚めてしまい、 まだ眠りたいのにそれ以降も眠れないものです。
高齢者によく見られますが、若い世代でも中途覚醒とならんで、うつ病の初期症状と考えられる場合もあります。




上記1.〜4.のような症状が、「週3回以上、1ヶ月以上継続している場合」に、不眠症と考えられます。つまり、慢性的に不眠の状態が続いている場合に不眠症と判断されます。


なお、一度は寝たけれど物音で目を覚ましてしまい、その後眠れなかった、あるいは昼寝をしようとしたけれど眠れなかったというような一過性のものは不眠症とは呼ばずに単なる不眠ということになります。


不眠(sleeplessness)と不眠症(insomnia)は、言葉は似ていますが、意味が異なっています。






不眠症のタイプ


不眠症にもいくつかのタイプがあります。
ここでは、代表的な不眠症のタイプについてご説明いたします。


慢性的な不眠である不眠症には、代表的なものとして以下のようなタイプがあります。


◇原発性不眠症

・精神生理性不眠症(学習不眠、条件付け不眠)
もっとも数多く診断される不眠症です。眠ること自体に対して不安や緊張を覚えて、十分な睡眠がとれないものです。例えば、自宅の寝室以外の方がよく眠れるという場合、この不眠症であることが考えられます。



・突発性不眠症
睡眠と覚醒をコントロールする脳の仕組みが、生まれたときからうまく働かないために起こるもので、幼少の頃から起こるのが最大の特徴です。



◇睡眠状態誤認
本当は明らかに眠っている状態にも関わらず、本人は起きていると感じる症状のことです。



◇神経性不眠
神経症(不安障害)が原因の不眠症のことです。同時に、動悸・息切れ、頭痛などの不眠以外の症状が現れるのが特徴です。





不眠症による影響


ここでは、不眠症によって、日常生活を送るに際してどのような影響があるのかについてご説明いたします。


不眠症は、身体面、精神面、および行動面に対して影響を与えます。


1.身体面への影響
睡眠中に蓄えられるはずのエネルギーを十分に蓄えられることができず、 体力の低下につながります。また、自律神経やホルモンの調整が乱れて免疫力が低下することから、さまざまな症状を引き起こすことも考えられます。また、不眠により持病があらわれやすくなることもあります。


2.精神面への影響
暗い気持ちになったり消極的になりがちで、落ち着かない、怒りっぽくなる、不安、昼間の疲労感、無気力などの症状を伴うこともあります。また、場合によっては片頭痛や吐き気がして食欲低下が起こることもあります。


3.心的・行動的な影響
注意力・判断力が低下してミスを起こしやすくなる、作業能力が低下して必要以上に時間や手間がかかるという影響があります。また、人付き合いが悪くなったり、仕事などで失敗することが多くなることもあります。さらには、不眠によって事故の発生率が高まり、交通事故にもつながりかねません。



このように、不眠症による影響は多岐に渡ります。ですから、不眠症であると疑われる場合は、なるべく早く専門医に相談することが大切です。




 「短時間睡眠法(短眠法)と速読法で人生を変えよう!」トップページに戻る