短時間睡眠法(短眠法)、速読法 短眠(短時間睡眠)に限らず、睡眠全般についてお知りになりたい方は、次の
グループサイトに移動願います。 睡眠障害と不眠症対策 「安眠快眠ネット」

短時間睡眠法(短眠法)と速読法で人生を変えよう! > 1.長時間睡眠に関する問題点

1.長時間睡眠に関する問題点

■短時間睡眠を目指す、向上心の高いあなた様へ
2枚組CD ジェームス・スキナーの2枚組CDを無料進呈いたします!
起業を考えている方はもちろんのこと、起業するつもりはなくても今のビジネスの成功に大きく活かすことができます。→詳細はこちら

長時間睡眠には、多くの問題点があります。以下、これに関して記載いたします。


まず、長時間睡眠を毎日続けていると、体がこの状態に慣れてしまい、長時間睡眠が習慣化してしまいます。こうなると、体はこれに対応し熟睡できないようになり、全体として睡眠の効率が悪くなってしまいます。これにより、下記の問題点が生じます。

  ・寝起きが悪くなる。
  ・十分に疲れがとれない。また、だるさが残り、すぐに疲れてしまう。



さらに悪いことに、これらを解消しようと、より長い睡眠時間を確保しようとしてしまうことが考えられます。


加えて、睡眠には脳や体や自律神経に休息を与えるという目的があるのですが、長時間の睡眠をとると、以下の問題点が発生します。

  ・脳を使わない時間が長くなり、その働きが鈍くなる。
  ・脳と同様、自律神経も働きが鈍くなる。
  ・使わない時間が長くなることから、体(とくに筋肉)が衰え、動きが鈍くなる。



そして、何よりも、1日24時間という限られた時間の中で長時間睡眠をとってしまえば、有意義な活動のための時間が十分に確保できないという大きな問題が生じます。普段の忙しい日常生活において必要な時間が確保されないというのは、その与える影響は大きいことでしょう。


以上で、長時間睡眠をとることの問題点について、ご理解いただけたと思います。

それでは、引き続き、私が短時間睡眠(短眠)をおすすめする理由をご説明いたしましょう。

スポンサードリンク

「2.短眠(短時間睡眠)のすすめ」へ進む

PR: 副業・独立起業のためのアイデアビジネス情報

関連用語集 : 睡眠 不眠症
ページメニュー
  トップページ (ホーム)
1.長時間睡眠に関する問題点
2.短眠(短時間睡眠)のすすめ
3.短眠(短時間睡眠法)とは?
4.短眠(短時間睡眠)の実践方法
5.奇跡の短眠法〜あなたの1日を28時間に
6.起きている時間の能率アップ
7.リンク集
8.お役立ちグッズ集
 ◆掛け布団
 ◆敷き布団
 ◆毛布
 ◆マット
 ◆枕
 ◆寝巻
 ◆リラックスミュージック
 ◆アロマテラピー雑貨
 ◆入浴時のリラックスグッズ
 ◆サプリメント
 ◆アクセサリー
 ◆ふとん乾燥機、加湿器
 ◆いびき防止グッズ
 ◆疲れ目予防グッズ