短時間睡眠法(短眠法)、速読法 短眠(短時間睡眠)に限らず、睡眠全般についてお知りになりたい方は、次の
グループサイトに移動願います。 睡眠障害と不眠症対策 「安眠快眠ネット」

短時間睡眠法(短眠法)と速読法で人生を変えよう! > 2.短眠(短時間睡眠)のすすめ

2.短眠(短時間睡眠)のすすめ

■短時間睡眠を目指す、向上心の高いあなた様へ
2枚組CD ジェームス・スキナーの2枚組CDを無料進呈いたします!
起業を考えている方はもちろんのこと、起業するつもりはなくても今のビジネスの成功に大きく活かすことができます。→詳細はこちら

1日は24時間です。これは、誰にとっても同じです。あなたは、現状での1日の過ごし方に満足しておられるでしょうか? 時間が足りないことで、ご自身の目標を諦めておられないでしょうか? もっと自由に使える時間が欲しいと思っておられないでしょうか?


もし、今の1日の過ごし方に不満があり、何も変えなければ、今後もずっと1日の過ごし方に満足することはないかもしれません。その結果、日々の積み重ねである人生に満足できずに一生を終えてしまうことも考えられます。


仮に、今、やりたいことがあるにもかかわらず、それを実行できずにいるとしましょう。実行に移すことができないのは、資金不足、人脈不足、健康への不安...など、いくつか理由があるかもしれません。このような中、『時間が足りない』ことが大きな理由になっている場合が多いことと思います。


しかし、時間が足りないことは、こと現代社会においては、いつまで待っても自然には解決されないものです。時間は、自分から積極的に作り出さなくてはなりません。


そのためには、細切れの時間を有効活用するとか、あまり重要でないことには時間を費やさないようにするとか、いろいろな対策があると思います。ですが、これらはなかなか実行が容易なものではありません。


では、睡眠時間を減らすというのはどうでしょうか? 1時間減らすことができれば、そっくりそのままこれが新たに活用できる時間となります。しかし、それは分かっていても、現状でさえ睡眠不足気味で、これ以上減らすことは実際上難しいと思われるかもしれません。


でも、大丈夫です! もし、あなたが、現在、睡眠時間として毎日6時間以上を確保されているのであれば、1日あたり新たに2時間以上の時間を得ることができます! 睡眠時間は4時間程度あれば十分なのです!


そこで、私からのご提案です。一気に睡眠時間を4時間程度にすることはできませんが、今日から少しずつ短時間睡眠(短眠)を目指してみませんか? 短時間睡眠法(短眠法)を体得するか否かで、今後の人生が大きく変わると思います。

それでは、次に、短時間睡眠法(短眠法)の原理などについて、ご説明いたします。

 スポンサードリンク

「3.短眠(短時間睡眠法)とは?」へ進む

PR: 副業・独立起業のためのアイデアビジネス情報

関連用語集 : 睡眠 不眠症
ページメニュー
  トップページ (ホーム)
1.長時間睡眠に関する問題点
2.短眠(短時間睡眠)のすすめ
3.短眠(短時間睡眠法)とは?
4.短眠(短時間睡眠)の実践方法
5.奇跡の短眠法〜あなたの1日を28時間に
6.起きている時間の能率アップ
7.リンク集
8.お役立ちグッズ集
 ◆掛け布団
 ◆敷き布団
 ◆毛布
 ◆マット
 ◆枕
 ◆寝巻
 ◆リラックスミュージック
 ◆アロマテラピー雑貨
 ◆入浴時のリラックスグッズ
 ◆サプリメント
 ◆アクセサリー
 ◆ふとん乾燥機、加湿器
 ◆いびき防止グッズ
 ◆疲れ目予防グッズ