短時間睡眠法(短眠法)、速読法 短眠(短時間睡眠)に限らず、睡眠全般についてお知りになりたい方は、次の
グループサイトに移動願います。 睡眠障害と不眠症対策 「安眠快眠ネット」

短時間睡眠法(短眠法)と速読法で人生を変えよう! > 4.短眠(短時間睡眠)の実践方法

4.短眠(短時間睡眠)の実践方法

■短時間睡眠を目指す、向上心の高いあなた様へ
2枚組CD ジェームス・スキナーの2枚組CDを無料進呈いたします!
起業を考えている方はもちろんのこと、起業するつもりはなくても今のビジネスの成功に大きく活かすことができます。→詳細はこちら

睡眠時間を短縮して、新たな時間を仕事や勉強、趣味、副業などにあてたいと思っておられる方は多いと思います。そこで、ここでは、短時間睡眠のメカニズム、ならびに短時間睡眠を実践するための方法をご紹介いたします。


すでに、「1.長時間睡眠に関する問題点」にてご説明いたしましたが、長い睡眠を毎日続けていると体がこの状態に慣れ、長時間睡眠が習慣化してしまいます。その結果、熟睡できないようになり、睡眠の効率が悪くなってしまいます。


一般的に、熟睡が得られるノンレム睡眠は寝はじめの10〜20分以内に現れ、3時間程度の間に集中して現れます。また、実験によって長時間睡眠の人と短時間睡眠の人を比較してみると、両者とも同じぐらいノンレム睡眠をとっていることがわかります。


これらからわかることは、効率よくノンレム睡眠が確保できるようになれば、全体の睡眠時間を短縮することができ、4時間程度でも睡眠が不足しないようにできるということです。


つまり、脳や体を休息させるためには睡眠時間が長いほどよいというわけではなく、深い眠りで熟睡できれば短時間でも問題ないということです。簡単に言えば、「浅い眠り×長時間睡眠」を、「深い眠り×短時間睡眠」に置き換えることができるということです。


以下、私がご紹介するのは、睡眠の質を”大幅に”向上させることで睡眠時間の短縮を可能とし、さらに、今まで以上にエネルギッシュになることができるというものです。


このようなことが実現できれば素晴らしいと思いませんか? もし、あなたが今よりも睡眠時間を減らすことができ、しかも、今以上に精力的になれれば、ご自身をさらに発展させることができますよね。

・資格試験などの勉強をすることができます!
・仕事を早く片付けることができます!
・ライバルに差を付けることができます!
・読書など自己啓発に時間を使うことができます!
・趣味など自分のために時間を使うことができます!
・家族サービスの時間を確保することができます!
・副業に時間を使うことができます!
・行動力を増すことができます!
・一日一日が充実し、人生がもっと楽しくなります!  等々...

このようなことは、夢ではないのです!


ニューヨーク州立大学をご卒業され、現在千葉県にお住まいの石井 陽さんという方がいらっしゃいます。石井さんは、睡眠時間が4時間という生活を送っておられる方です。


このような生活を短い期間ではなく日常的に続けるためには、睡眠の質を著しく向上して、しかも寝起きをスッキリさせることが必要であるということはわかっていただけると思います。


実は、石井さんは、誰もが睡眠時間を短縮して、しかもよりエネルギッシュになるための独自の方法を「睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法」という書籍(マニュアル)として販売されています(石井さんのHPは後ほどご案内いたします)。


これは、「睡眠時間を3時間短縮する方法」ではなく、「140%元気になる方法」でもありません。「睡眠時間を3時間短縮して140%元気になる方法」なのです。


石井さんのマニュアルは、睡眠時間を減らすだけではなく、今以上にエネルギッシュになるための方法を解説していて、ここが素晴らしいところです。自由な時間が増えるうえに、さらに元気になれるのです。人生が変わるといっても過言ではありません。


「睡眠の質を高めて睡眠時間を短くできるとしても、今まで以上に元気になれるとは信じられない」と思われるかもしれませんね。でも、それが可能なのです。


少し種を明かせば、大きく2つの方法があります。まず、1つめですが、実は人間の活動の中でもっとも体力を使うのは消化活動です。食べ物を消化する胃腸には、私たちが想像する以上に大きな負担がかかっています。


この胃腸への負担を減らすことで必要な睡眠時間を減らし、また、日中の活力を向上させるというのが1つめです。といっても、食事を減らす、あるいは消化のよいものを食べるといったよく知られているような方法ではありません。おそらく、ほとんどの方がご存知のない方法だと思います。

いくつかあるのですが、そのうちの1つだけお話ししましょう。それは、「食事中に水やお茶を飲まない」ということです。なぜなら、食事中に水やお茶を飲むと、せっかくの胃腸の消化液を薄めてしまうからです。水やお茶は、食事の前や後に飲むようにします。


もう1つは、ある方法で運動することで、疲れない体をつくるというものです。アメリカに、一日にフルマラソン2回分の距離を走ることを56日続けた男性がいます。


この男性の運動方法を参考にしたものです。もちろん、ここまでの体力をつけるとなると大変ですが、140%元気になるという程度でしたら、それほど難しくはありません。科学的に検証された簡単な方法です。


以上、「140%元気になる方法」ということについて一部分を簡単にご説明いたしましたが、もちろん、「睡眠時間を3時間短縮する方法」ということについても、非常に効果的な方法が書かれています。


私も実践しましたが、これほどまで違うものなのかと驚くと同時に、まだまだ自分も睡眠に対して悪い習慣を持っていたのだなと気づかされました。でも、そのような知識がなかったわけですから、何ともしようがなかったんですけどね。


私以外にも、石井さんの書籍を実践することで睡眠時間を減らすことに成功し、ビジネスでの収入が増えた方、資格試験に合格した方、学校での成績が上がった方などが数多くいらっしゃるようです。ただし、個人差もあるようです。


石井さんは、「もし、このマニュアルよりも素晴らしい質を持っている本を見つけた場合、何時でも返金いたします」と宣言されています。私は、睡眠に関する本はそこそこ読んでいるので、「私がこれまでに読んだ睡眠に関する書籍のどれよりも質が高いということはないだろう」と思っていました。


ところが、石井さんのマニュアルに書かれていることは、私が初めて目にするものばかりで、しかも、非常にレベルの高い内容なのです。「なんだこれ? どこでこんな知識を得たの?」とビックリしてしまいました。


マニュアルを最後まで読んで、この理由がわかりました。最後に参考文献のリストがあるのですが、そこを見ると、海外(アメリカ)の文献が多いのです。やられました。私は、睡眠に関する英語の文献など読んだことありませんから。。。


睡眠に関する研究は、日本よりもアメリカの方が断然進んでいます(日本では、大学の医学部でも睡眠に関する講義はありません)。この事実は知っていました。しかし、石井さんのマニュアルを見ると、「アメリカの研究は、ここまで進んでいるのか」と驚きを隠せませんでした。


しかも、石井さんは、二年間で和書と洋書を合わせて650冊ほど読まれたそうです。情報のインプット量が並ではありません。


石井さんのHPをご覧いただければわかるのですが、このマニュアルには、下記のような返金補償があります。

・あなたが明日このマニュアルに書いてある事を読んで1時間30分睡眠を短縮できなければ返金致します。

・あなたが60日間を過ぎてもこの本に書いてある事から結果が出ない場合、実践できない理由などをお伝え頂ければ、購入後365日以内であれば全額返金いたします。


石井さんは、自信家ですね(笑)。 でも、自信が持てるのはよくわかります。このマニュアルは、それほど結果をもたらしてくれるものなのです。


この書籍はマニュアルですので、当然のことながら、書かれていることを実行に移す必要があります。でも、それらは、実践するのが難しいことではありませんのでどうぞご心配なく。


ただし、石井さんのHPにも書かれているのですが、妊娠中の方や病気がちな方は、通常では考えられないことが起こることも考えられます。したがいまして、該当する方は、石井さんの書籍の入手はお控えください。


睡眠時間を短縮して自由な時間を手に入れ、さらにエネルギッシュな自分になりたいという方は、石井さんのマニュアルを一日も早く実践することをお勧めいたします。以下が石井さんのHPとなります。

石井さんのHPはこちらです。(私からプレゼントがあります。詳しくは以下をご覧ください。)


ここから入手された方には、私のレポート「ぐっすり眠れる10の秘訣」ならびに「仕事や勉強前のスタートダッシュ法」をプレゼントいたします。

「ぐっすり眠れる10の秘訣」
石井さんのマニュアルはとても役に立つものでオススメなのですが、まったく欠点がないかといえばそうではなく、私が見て重要なことが書かれていないという部分があります。そこで、重要と思われるものを10個厳選して、詳しい解説をつけました。このレポートを石井さんの書籍と合わせて読んでいただければ、あなたの睡眠の質が著しく向上すること間違いなしです。2冊とも、よく読んで下さいね。

「仕事や勉強前のスタートダッシュ法」
仕事や勉強の開始時に1分ほど行うことで脳を急速にウォームアップさせ、脳を最高の状態で集中して働かせるためのテクニックを解説しました。石井さんのマニュアルと合わせれば、日中の活動レベルが著しく向上するはずです。

※石井さんのマニュアルご購入後に「マイページ」にログインしてください。商品一覧の下に「特典一覧」とありますので、そこからダウンロードできます。


石井さんのHPはこちらです。(私からプレゼントがあります。詳しくは上をご覧ください。)


 スポンサードリンク

◆短時間睡眠に役立つ生活上の工夫など
以下のページは、短時間睡眠を実践するために役に立つ生活上の工夫などについて整理したものです。ここに書かれているものだけでは短眠を実現することはなかなか大変ですが、石井さんのマニュアルに追加でお役立てください。
短眠(短時間睡眠)の実践方法(1)
 胃腸に負担をかけない
短眠(短時間睡眠)の実践方法(2)
 やっぱり基本はこれです
短眠(短時間睡眠)の実践方法(3)
 大事なのは意識の切り替えです
短眠(短時間睡眠)の実践方法(4)
 これがないと続きません
短眠(短時間睡眠)の実践方法(5)
 なんといっても環境です
短眠(短時間睡眠)の実践方法(6)
 長時間の活動に耐えるために
短眠(短時間睡眠)の実践方法(7)
 心身のリラックス法いろいろ
短眠(短時間睡眠)の実践方法(8)
 こうやって寝心地をよくしましょう
短眠(短時間睡眠)の実践方法(9)
 寝る直前にやってはいけないこととは?
短眠(短時間睡眠)の実践方法(10)
 目覚めにもひと工夫、ふた工夫
短眠(短時間睡眠)の実践方法(11)
 日中のこんなフォローも
短眠(短時間睡眠)の実践方法(12)
 環境さえ許せば...

次ページへ

PR: 副業・独立起業のためのアイデアビジネス情報

関連用語集 : 睡眠 不眠症
ページメニュー
  トップページ (ホーム)
1.長時間睡眠に関する問題点
2.短眠(短時間睡眠)のすすめ
3.短眠(短時間睡眠法)とは?
4.短眠(短時間睡眠)の実践方法
(1) 無理のない睡眠時間の減らし方とは?
(2) やっぱり基本はこれです
(3) 大事なのは意識の切り替えです
(4) これがないと続きません
(5) なんといっても環境です
(6) 長時間の活動に耐えるために
(7) 心身のリラックス法いろいろ
(8) こうやって寝心地をよくしましょう
(9) 寝る直前にやってはいけないこととは?
(10) 目覚めにもひと工夫、ふた工夫
(11) 日中のこんなフォローも
(12) 環境さえ許せば...
5.奇跡の短眠法〜あなたの1日を28時間に
6.起きている時間の能率アップ
7.リンク集
8.お役立ちグッズ集
 ◆掛け布団
 ◆敷き布団
 ◆毛布
 ◆マット
 ◆枕
 ◆寝巻
 ◆リラックスミュージック
 ◆アロマテラピー雑貨
 ◆入浴時のリラックスグッズ
 ◆サプリメント
 ◆アクセサリー
 ◆ふとん乾燥機、加湿器
 ◆いびき防止グッズ
 ◆疲れ目予防グッズ