短時間睡眠法(短眠法)、速読法 短眠(短時間睡眠)に限らず、睡眠全般についてお知りになりたい方は、次の
グループサイトに移動願います。 睡眠障害と不眠症対策 「安眠快眠ネット」

短時間睡眠法(短眠法)と速読法で人生を変えよう! > 4.短眠(短時間睡眠)の実践方法 > (12)環境さえ許せば...

4.短眠(短時間睡眠)の実践方法

(12)環境さえ許せば...

■短時間睡眠を目指す、向上心の高いあなた様へ
2枚組CD ジェームス・スキナーの2枚組CDを無料進呈いたします!
起業を考えている方はもちろんのこと、起業するつもりはなくても今のビジネスの成功に大きく活かすことができます。→詳細はこちら

短眠(短時間睡眠)で有名なナポレオンやエジソンも、ベッドの上ではないにしても、実は短時間ながらもしばしば昼寝をとっていたようです。


1時間以上もとってしまったらせっかくの活動時間に影響が出ますし、また夜の熟睡の妨げにもなります。15分程度であれば、環境が許す限りうまく活用されるのがよいですね。このような仮眠でも、頭脳や体の疲れが意外によくとれるものです。眠いにも関わらず無理に起きているよりは、ずっと仕事などの能率も向上すると考えられます。


人間の頭脳は絶えず活性化された状態にあるわけではなく、適度な気分転換や休息が必要なのです。以下に、昼寝をする際に注意しすべきことを記載いたしますので、覚えておかれるのがよいでしょう。

1.長時間眠らない
昼寝は、あくまで仮眠との位置付けです。あまりにも長く寝てしまうと、深い眠り(ノンレム睡眠;身体の眠り)に入ってしまいます。浅い眠り(レム睡眠;頭の眠り)にとどめておくためには、20分前後が理想的です。タイマーや目覚ましがあると便利ですね。

2.横にならない
これは、1.と同じような理由なのですが、横になって寝てしまうと深い眠りになってしまいがちです。イスにもたれたり、机に伏せて寝るのがいいでしょう。

スポンサードリンク

「5.起きている時間の能率アップ」へ進む   

PR: 副業・独立起業のためのアイデアビジネス情報

関連用語集 : 睡眠 不眠症
ページメニュー
  トップページ (ホーム)
1.長時間睡眠に関する問題点
2.短眠(短時間睡眠)のすすめ
3.短眠(短時間睡眠法)とは?
4.短眠(短時間睡眠)の実践方法
(1) 無理のない睡眠時間の減らし方とは?
(2) やっぱり基本はこれです
(3) 大事なのは意識の切り替えです
(4) これがないと続きません
(5) なんといっても環境です
(6) 長時間の活動に耐えるために
(7) 心身のリラックス法いろいろ
(8) こうやって寝心地をよくしましょう
(9) 寝る直前にやってはいけないこととは?
(10) 目覚めにもひと工夫、ふた工夫
(11) 日中のこんなフォローも
(12) 環境さえ許せば...
5.奇跡の短眠法〜あなたの1日を28時間に
6.起きている時間の能率アップ
7.リンク集
8.お役立ちグッズ集
 ◆掛け布団
 ◆敷き布団
 ◆毛布
 ◆マット
 ◆枕
 ◆寝巻
 ◆リラックスミュージック
 ◆アロマテラピー雑貨
 ◆入浴時のリラックスグッズ
 ◆サプリメント
 ◆アクセサリー
 ◆ふとん乾燥機、加湿器
 ◆いびき防止グッズ
 ◆疲れ目予防グッズ