短時間睡眠法(短眠法)、速読法 短眠(短時間睡眠)に限らず、睡眠全般についてお知りになりたい方は、次の
グループサイトに移動願います。 睡眠障害と不眠症対策 「安眠快眠ネット」

短時間睡眠法(短眠法)と速読法で人生を変えよう! > 4.短眠(短時間睡眠)の実践方法 > (10)目覚めにもひと工夫、ふた工夫

4.短眠(短時間睡眠)の実践方法

(10)目覚めにもひと工夫、ふた工夫

■短時間睡眠を目指す、向上心の高いあなた様へ
2枚組CD ジェームス・スキナーの2枚組CDを無料進呈いたします!
起業を考えている方はもちろんのこと、起業するつもりはなくても今のビジネスの成功に大きく活かすことができます。→詳細はこちら

睡眠時間の長い短いにかかわらず、決めた時刻に起きる工夫は、各自各様にてされていることと思います。私は目覚まし時計を利用しているのですが、立って行かないといけないところに置いています。


ただ、目覚まし時計も当然効果があるのですが、実際に起きる決心(?)に結びつくのは、起きないといけない事情や、ある事柄に起きて取り掛かりたいという内的な衝動の方が上です。


目覚まし時計を布団から離れたところに置いているのは、布団から出て起きるためなのはもちろんですが、二度寝を防ぐというのが大きいです。たまに二度寝してしまうことがありますが、この時はたいてい夢を見ます。ということは、これはレム睡眠であり浅い睡眠なのです。再度のレム睡眠は、睡眠としてそれほど意味のあるものではありません。


あと、経験からも分かることですが、朝日を浴びることが目を覚ますことに効果的です。これは、体内時計がリセットされ、夜間と昼間の切り替えがなされ日常的な活動へと準備されることによります。

 スポンサードリンク

PR: 副業・独立起業のためのアイデアビジネス情報

関連用語集 : 睡眠 不眠症
ページメニュー
  トップページ (ホーム)
1.長時間睡眠に関する問題点
2.短眠(短時間睡眠)のすすめ
3.短眠(短時間睡眠法)とは?
4.短眠(短時間睡眠)の実践方法
(1) 無理のない睡眠時間の減らし方とは?
(2) やっぱり基本はこれです
(3) 大事なのは意識の切り替えです
(4) これがないと続きません
(5) なんといっても環境です
(6) 長時間の活動に耐えるために
(7) 心身のリラックス法いろいろ
(8) こうやって寝心地をよくしましょう
(9) 寝る直前にやってはいけないこととは?
(10) 目覚めにもひと工夫、ふた工夫
(11) 日中のこんなフォローも
(12) 環境さえ許せば...
5.奇跡の短眠法〜あなたの1日を28時間に
6.起きている時間の能率アップ
7.リンク集
8.お役立ちグッズ集
 ◆掛け布団
 ◆敷き布団
 ◆毛布
 ◆マット
 ◆枕
 ◆寝巻
 ◆リラックスミュージック
 ◆アロマテラピー雑貨
 ◆入浴時のリラックスグッズ
 ◆サプリメント
 ◆アクセサリー
 ◆ふとん乾燥機、加湿器
 ◆いびき防止グッズ
 ◆疲れ目予防グッズ