短時間睡眠法(短眠法)、速読法 短眠(短時間睡眠)に限らず、睡眠全般についてお知りになりたい方は、次の
グループサイトに移動願います。 睡眠障害と不眠症対策 「安眠快眠ネット」

短時間睡眠法(短眠法)と速読法で人生を変えよう! > 4.短眠(短時間睡眠)の実践方法 > (3)大事なのは意識の切り替えです

4.短眠(短時間睡眠)の実践方法

(3)大事なのは意識の切り替えです

■短時間睡眠を目指す、向上心の高いあなた様へ
2枚組CD ジェームス・スキナーの2枚組CDを無料進呈いたします!
起業を考えている方はもちろんのこと、起業するつもりはなくても今のビジネスの成功に大きく活かすことができます。→詳細はこちら

睡眠時間を30分間減らすだけでも、実際に行ってみると、いつもより起きるのが辛くなったり、起きている間に眠気が襲ってきたりするかもしれません。ただ、ここで大切なのは、この原因を「睡眠時間が足りないから」と考えてしまわないことです。重要なのは、「体がまだ慣れていないから」と考えることです。


実際、これまでの長年の習慣を変えるわけですから、数日間ですんなりいくことはないでしょう。そのため、30分間減らすのに1ヶ月間という期間を設定しています。


例えば、日常生活で走ることがない人が、毎日5kmのジョギングをすると目標を立てて、いざ走ってみると、5kmどころか1km程度で苦しくなるかもしれません。しかし、ここで、「自分には無理」と考えては目標を達成できません。


「体が慣れていないから」と考え毎日走り続けると、そのうち5kmを軽く走ることができるようになるでしょう。また、走れるだけではなく、走った後の疲労の程度が軽減されたり、体力の回復スピードもずっと早くなります。こうなると、もっと距離を延ばすとか、走りのペースを上げるとか、アップダウンのある道を走るとか、次の目標がほしくなります。


睡眠時間に関しても同じで、1日16時間しか起きて活動できなかったのが、体が慣れてくると20時間活動できるようになるのです。

 スポンサードリンク

PR: 副業・独立起業のためのアイデアビジネス情報

関連用語集 : 睡眠 不眠症
ページメニュー
  トップページ (ホーム)
1.長時間睡眠に関する問題点
2.短眠(短時間睡眠)のすすめ
3.短眠(短時間睡眠法)とは?
4.短眠(短時間睡眠)の実践方法
(1) 無理のない睡眠時間の減らし方とは?
(2) やっぱり基本はこれです
(3) 大事なのは意識の切り替えです
(4) これがないと続きません
(5) なんといっても環境です
(6) 長時間の活動に耐えるために
(7) 心身のリラックス法いろいろ
(8) こうやって寝心地をよくしましょう
(9) 寝る直前にやってはいけないこととは?
(10) 目覚めにもひと工夫、ふた工夫
(11) 日中のこんなフォローも
(12) 環境さえ許せば...
5.奇跡の短眠法〜あなたの1日を28時間に
6.起きている時間の能率アップ
7.リンク集
8.お役立ちグッズ集
 ◆掛け布団
 ◆敷き布団
 ◆毛布
 ◆マット
 ◆枕
 ◆寝巻
 ◆リラックスミュージック
 ◆アロマテラピー雑貨
 ◆入浴時のリラックスグッズ
 ◆サプリメント
 ◆アクセサリー
 ◆ふとん乾燥機、加湿器
 ◆いびき防止グッズ
 ◆疲れ目予防グッズ