短時間睡眠法(短眠法)、速読法 短眠(短時間睡眠)に限らず、睡眠全般についてお知りになりたい方は、次の
グループサイトに移動願います。 睡眠障害と不眠症対策 「安眠快眠ネット」

短時間睡眠法(短眠法)と速読法で人生を変えよう! > 4.短眠(短時間睡眠)の実践方法 > (1)胃腸に負担をかけない

4.短眠(短時間睡眠)の実践方法

(1)胃腸に負担をかけない

■短時間睡眠を目指す、向上心の高いあなた様へ
2枚組CD ジェームス・スキナーの2枚組CDを無料進呈いたします!
起業を考えている方はもちろんのこと、起業するつもりはなくても今のビジネスの成功に大きく活かすことができます。→詳細はこちら

短時間睡眠を実践するためには、その短い時間で体や脳に十分な休息を与えることが大切です。しかし、就寝前に食事をとってしまうと、眠っている間にも胃腸は消化のために働くことになります。


これは、もちろん、胃腸を休めることにもなりませんし、消化というのには大変なエネルギーが消費されます。そのため、身体に対する負担も大きいです。


胃腸が食べ物を消化するのには3時間ほどかかるそうです。ですので、少なくとも就寝前の3時間は飲食をすることを避けるのがよいです。


もし、仕事などの都合でどうしても夕食が遅くなってしまうのでしたら、夕食を少な目にして、その分朝食を増やすという対応がオススメです。このようにすれば、就寝中の胃腸への負担を減らすことができます。また、消化を助けるためにも、食事の際はよく噛むことが大切です。


胃腸による消化には本当に多くのエネルギーを必要とします。一度、寝る前にお肉などを食べる場合と、寝る前3時間は何も食べない場合の翌日の体調を比較してみて下さい。


1回では違いがつかめにくいかもしれませんが、数回試してもらえれば、体の調子が異なることに気が付かれることと思います。

 スポンサードリンク

PR: 副業・独立起業のためのアイデアビジネス情報

関連用語集 : 睡眠 不眠症
ページメニュー
  トップページ (ホーム)
1.長時間睡眠に関する問題点
2.短眠(短時間睡眠)のすすめ
3.短眠(短時間睡眠法)とは?
4.短眠(短時間睡眠)の実践方法
(1) 無理のない睡眠時間の減らし方とは?
(2) やっぱり基本はこれです
(3) 大事なのは意識の切り替えです
(4) これがないと続きません
(5) なんといっても環境です
(6) 長時間の活動に耐えるために
(7) 心身のリラックス法いろいろ
(8) こうやって寝心地をよくしましょう
(9) 寝る直前にやってはいけないこととは?
(10) 目覚めにもひと工夫、ふた工夫
(11) 日中のこんなフォローも
(12) 環境さえ許せば...
5.奇跡の短眠法〜あなたの1日を28時間に
6.起きている時間の能率アップ
7.リンク集
8.お役立ちグッズ集
 ◆掛け布団
 ◆敷き布団
 ◆毛布
 ◆マット
 ◆枕
 ◆寝巻
 ◆リラックスミュージック
 ◆アロマテラピー雑貨
 ◆入浴時のリラックスグッズ
 ◆サプリメント
 ◆アクセサリー
 ◆ふとん乾燥機、加湿器
 ◆いびき防止グッズ
 ◆疲れ目予防グッズ