短眠(短時間睡眠)のすすめ

1日は24時間で、このことは誰にとっても同じです。あなたは、現状での1日の過ごし方に満足していますか? 時間が足りないことで、目標を諦めていませんか? もっと自由に使える時間が欲しくないですか?

もし、現在の1日の過ごし方に満足しておらず、また何も変化を起こさなければ、これからもずっと1日の過ごし方に満足することはないかもしれません。結果、日々の積み重ねである人生に満足できずに一生を終えてしまうことも考えられます。

今あなたがやりたいことがあるにもかかわらず、それを実行できずにいるとしましょう。実行に移すことができないのは、いくつか理由があるかもしれません。これらの中で「時間が足りない」ことが大きな理由になっているかもしれませんね。

しかし、時間が足りないということは、いつまで待っても自然には解決されません。時間は、自分から積極的に作り出さなくてはならないのです。

そのためには、細切れの時間を有効活用するとか、あまり重要でないことには時間を費やさないようにするとか、いろいろな対策があります。ですが、これらはなかなか実行が簡単ではありません

では、睡眠時間を減らすというのはどうでしょうか? 1時間減らすことができれば、そっくりそのまま新たに活用できる時間となります。でも、それは分かっていても、今でさえ睡眠不足気味で、これ以上減らすことは現実的に難しいと思われるかもしれませんね。

でも、大丈夫です! もし、現在、睡眠時間として毎日6時間以上を確保しているのであれば、1日あたり新たに2時間以上の時間を得ることができます! 睡眠時間は4時間程度あれば十分なのです!

そこで、私からの提案です。一気に睡眠時間を4時間程度にすることはできませんが、今日から少しずつ短時間睡眠を目指してみませんか? 短眠法を体得するか否かで、今後の人生が大きく変わると思います。

それでは、次に、短時間睡眠法の原理などについて、ご説明いたします。

「短眠(短時間睡眠)とは?」へ進む

|トップに戻る|