はじめに/短時間睡眠の実践方法について

睡眠時間を短縮して、新たな時間を仕事や勉強、趣味、副業などにあてたいと思いませんか? ここでは、短時間睡眠を実践するための方法をご紹介いたします。

それは、大阪府在住の佐原さんという方が実際に行っている手法です。佐原さんは、毎日、睡眠時間が4時間という生活を送っておられる方です。

佐原さんは、短時間睡眠を目指した当初からうまくいったわけではありませんでした。最初は、短眠に関するあらゆる情報を入手し、それを実行に移されました。

このような工夫の結果、短時間で目覚めることが可能となったそうです。ところが、起きてから睡魔に襲われ、結局何かに取り組むことはできず、しかも、数日すると睡眠時間が元に戻ってしまうというものでした。

あきらめかけていた頃、佐原さんは、仕事の関係で精神世界系の技法を極めた方々と会う機会に恵まれます。そして、そのような方々がまったく疲れないことを目の当たりにし、人間の身体能力の可能性に驚かれます。

その結果、それまで行っていた短眠法のやり方ではなくて、まったく別のところに短眠のコツがあることに気づかれ、睡眠時間を短くするための方法を完成されます。

その方法とは、いかにして睡眠時間を短縮するのかということと、いかにしてスッキリ目覚めるのかという大きく2つからなっています。それらは単なる生活上の工夫といったものではなくて、人間の能力にかかわる内面的、根元的なものです。

といっても、それらは修得するのが難しい技法ではなく、取り入れるのは簡単です。

広くは知られていませんが、別の分野ではこれまでに多くの実績があるものです。それを睡眠を短縮させることに応用したことが佐原さんのオリジナルで、この方法の価値はそこにあります。

私も実践しましたが、睡眠時間の短縮、またスッキリした目覚めにこれほど効果があるのかと驚いてしまいました。

実は、佐原さんは、短時間睡眠を実現するこの貴重なノウハウを一冊の書籍としてまとめられています。

もし、睡眠時間を短縮してもっと自由に使える時間が欲しいということでしたら、是非、以下から佐原さんの書籍を入手なさってください。きっとお役に立つと思います。

佐原さんのサイトはこちらです

佐原さんの書籍は、書かれている内容に従って素直に実践するだけです。ですので、悩むことがないのがよいと思います。


佐原さんの書籍は非常に有益ですが、私が見ると少し追加したいと思うところがあるのも事実です。それらについて以下に整理いたしますので、佐原さんの書籍に追加でお役立て下さい。
1.無理のない睡眠時間の減らし方とは?
2.やっぱり基本はこれです
3.大事なのは意識の切り替えです
4.これがないと続きません
5.なんといっても環境です
6.長時間の活動に耐えるために
7.心身のリラックス法いろいろ
8.こうやって寝心地をよくしましょう
9.寝る直前にやってはいけないこととは?
10.目覚めにもひと工夫、ふた工夫
11.日中のこんなフォローも
12.環境さえ許せば...

|トップに戻る|