6.長時間の活動に耐えるために

睡眠時間が4時間程度であっても、熟睡できれば、脳や体の休息・回復時間としては問題ありません。しかし、睡眠時間が短くなればなるほど起きて活動する時間が長くなるわけですから、より体力が必要となることでしょう。

私の場合は、長時間の活動時間に耐えられる体力に自信がなかったことから、定期的な運動を継続しています。短時間睡眠を試みようとされる方は、今現在でも時間が足りず、運動する時間をとることは難しいかもしれません。

しかし、私の場合だと、1回2時間程度の運動が週2、3回で、1週間での所要時間は準備なども含めて合計8時間前後ですが、この時間を費やすことにより、残りの時間を体力不足を感じることなく活動することができていて、全体として効率が向上していると感じています。

なお、睡眠時間を短くするにつれて、体力に限らず、自分に不足しているものが出てくるかもしれません。人それぞれだと思いますが、私の場合は、目の疲れが問題でした。もし、不足しているものが分かれば諦めてしまうのではなく、「短時間睡眠を手に入れるためにはどうすればよいか」を考え、それを補うことが大切ですね。

「7.心身のリラックス法いろいろ」へ進む

|トップに戻る|