4.これがないと続きません

睡眠時間を減らしていくことで、日中眠気が襲ってきたりする場合に、「体がまだ慣れていないから」と考えることが重要であることは前記したとおりです。ただ、そうは言っても、慣れるまでに諦めてしまいそうになることもあります。

このようなときに諦めてしまわないためには、新たに得られた時間を活用して何をしたいかを事前に考えておくことが非常に有効です。目的がはっきりしているほど、よりモチベーションを維持することが可能となります。

ただし、何かをしなければならないというような強制的なものは、あまりよくありません。例えば、何かの資格試験に受からなければならない等です。これでは、短時間睡眠を続けることが苦しくなりますし、なによりも試験勉強もつまらなく、それこそ眠くなってしまうことでしょう。

目標を持つコツは、この場合は、資格を取得した後に自分が取り組みたいことをターゲットとすることです。また、最低1日1回、3分程度で構いませんので、それに取り組んでいる自分を楽しくイメージすることができればなお良いですね。

「5.なんといっても環境です」へ進む

|トップに戻る|