2.やっぱり基本はこれです

短時間睡眠法は、効率的に睡眠をとることが重要で、寝付き・寝起きとも良好な状態にコントロールすることが必要となります。そのためには、体内時計が狂うことがないよう、生活リズムを整えることが非常に大切です。

生活リズムが整い短時間睡眠が可能となれば、より多くの活動のための時間が得られるとともに、起きている間の作業能率も向上します。一方、不規則な生活により短時間睡眠とならない場合は、睡眠時間が長くなってしまうとともに、起きている間の作業能率も悪い状態となり、前者に比べて二重に効率が悪くなってしまいます。

まず、基本は、規則正しい生活、規則正しい睡眠時間です。

「3.大事なのは意識の切り替えです」へ進む

|トップに戻る|