11.日中のこんなフォローも

3〜4時間の睡眠だけでは回復できない体の疲労等は、別途工夫して回復に努める必要があります。

私の場合を例に挙げますと、起きている間、書籍やパソコンのモニターを見ている時間が長いことから、目の疲れが睡眠だけではとれません。そのため、ブルーベリーが原材料のサプリメントを摂っています(アントシアニンという成分が効くようです)。

疲れ目予防や視力回復を目的としたいろいろな器具もありますので、これらを活用することも一つです。

ここでは、疲れ目だけに限って記載しましたが、もちろん、これだけではありません。ご自身に合わせて、適切に身体をフォローすることが大切です。

「12.環境さえ許せば...」へ進む

|トップに戻る|